■最初のページに戻ります

■会の設立趣旨と活動目標
■現在募集中のフォーラム
■これまでのちらしパンフ
■「信州歴史フォーラムの会」
■会誌(PDF)の発行について
■会場周辺の案内地図です
設立趣旨と事務局の陣容
2020年9月吉日

コロナ禍に負けない文化活動、リアルとバーチャル両面から

● 新型コロナ渦に悩むこんにち、会場に聴衆を大勢集める従来型の歴史講演会等の開催が、たいへん困難となっています。これでは、このような文化事業が廃れてしまうおそれがあります。そこで、十分に対策をとりつつ(たとえば屋外の)安全な場所で、少人数の講座を開き、その模様をWEB中継する方式で、これまで以上の効果をもたらす活動ができないか考えました。

 リアルな講座をWEB配信することで、来場できない人も、自宅のパソコンやスマートフォンで視聴でき、さらに視聴エリアが全国に世界にと広がります。現在、ほとんどの大学でリモート学習がなされていて、技術的には問題のないレベルにまで達しています。ちょうどこの6月に、会場の楽蔵ぴあので三密を避ける屋外のテラス席「こもれび回廊」が完成し、たとえば「うたごえ喫茶」などの小規模な集まりを開けるようになっています。

 楽蔵ぴあの催事カウンシルでは、2009年より「Study Cafe」と称し、地元で活躍される方々の各種講座を46回開催してきました。そのうち、歴史ものが約20回と人気を博しています。今回の企画は、この歴史シリーズを独立発展させ、組織も新しい陣容に整えます。特別顧問の先生方・編成委員のご協力をいただき運営し、講座回数を定例化して会員を募るなどして拡充します。なお、会員の募集や定例会などは2021年から開始といたします。

 たいへんに困難な時代ですが、リアルな講座の模様をWEB中継配信することで、さらに大きな輪に広げることができるものと確信します。この地の活発な歴史研究を絶やすことなく更なる発展を目指し、成果を一般市民へ伝える「橋渡し」の役割を担って広げていこうというものです。信州の歴史研究の深化と周知に貢献できれば幸いに存じます。
                               (藤 惇)

  【 会の構成 】
● 特別顧問 小松 芳郎 (松本市文書館特別専門員 信濃史学会会長)
● 特別顧問 百瀬 新治 (安曇野市文化財保護審議会会長)

● 編成委員 山崎 泰 (松本第一高等学校 元校長 信濃史学会会員)
● 編成委員 平林 厚美 (『安曇誕生の系譜を探る会』会員)
● 編成委員 山田 まゆみ (歴史愛好家)
● 編成委員 大和 雅美 (中学校講師 豪州研究者)

● 代 表   藤 惇 (学研 元雑誌編集長)
● 協 力   茶房楽蔵ぴあの(松本市新村881) 
■ 事務局  松本市新村881 楽蔵ぴあの内 

信州歴史フォーラム事務局 TEL/FAX 0263-47-6086(楽蔵ぴあの)

Copyright (C) Shinsyu Historical-Forum. All rights reserved.